スポンサーリンク

2017年6月2日金曜日

ドローン方式の空飛ぶバイク「スコーピオン3」の試作動画


 もういつ市場に投下されても不思議じゃなくない?
 青木無常でございまするん。

ドローンバイク(素材使用)


 空飛ぶバイクってのはいろんなところで開発中のようでございますな。

 似たような機構として、以前紹介したことのあるラジコンに毛がはえたみたいなデリバリ用(?)空飛ぶバイクとか、中国で開発プランがブチあげられた一人乗り用ドローンとか、絵に描いた餅のごときシロモノとは一線を画す話ですが。(`▽´)

 あるいは個人ベースで自作されちゃったホバーバイクと似た感じもいたします。

 ただし、本日ご紹介いたします「空飛ぶバイク」はロシアの企業製。

 試験飛行の動画がYouTubeに公開されているものでございますよ。


ロケットニュース24 2017年02月22日
【恐怖マシン】プロペラむき出しの「空飛ぶバイク」がおそロシア
http://rocketnews24.com/2017/02/22/866099/


 その名も『Scorpion 3』!

 空飛ぶバイクなのに「サソリ」? 的な疑問もわきますがね。別にサソリを連想させる外見、てわけでもないし。(`▽´)


Hoverbike Scorpion-3 TRAILER 2017



 以前紹介した個人製作のホバーバイクはデカいプロペラを前後に二枚装備したシロモノでしたが、この『Scorpion 3』は四枚羽。

 動画を見る限りでは、さすがに四枚も羽があるせいか安定した感じで浮遊・前進しているようには見受けられます。

 ロケットニュースの記事中にあるとおり、プロペラにガード機構がいっさいなく完全にムキ出しなのはあまりにもひどい状態ですが、ま、開発中のものの試験飛行ということで大目に見てあげましょうか。



 考えてみればヘリコプターなんてシロモノはすでにそこら中を飛びまわってるわけだし、プロペラで空を飛ぶこと自体は完全に実現された技術。

 こういう「人間を載せて浮遊するドローン」の場合、航続時間が数分とかそういうレベルであることが常なので、そのへんがネックというか壁になっているのは推測できるんだけど。

浮遊(素材使用)


 逆をいえば、そこらあたりが解決されれば、すぐにでも市場にでてきて不思議はないカモ…

 ま、航空法とかそういう法整備の問題点をクリアしない限り、個人ベースの一般化はまだまだ先のことのような気もしないではないけど。

 ドローンタクシーなんてものが本当に現実化したりしたら、またひとつ世の中の風景やありかたが大幅に変化することだけはまちがいないですな。



 ただ「夢の乗物」であることはまちがいないんだから、デザインはもう少しなんとかしてほしい…(`▽´)



 おもちゃのドローンですら高くて買う気のない私には無縁本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク