スポンサーリンク

2017年6月16日金曜日

国内でも入手可能らしい水陸両用バギーは沢登りすらできそうなイカつさが特徴


 ま、実際沢登りっぽいことしてます。
 青木無常でありんす。

両用…?(素材使用)


 ボートに車輪をつけたような水陸両用車ハムディンガや、水上バイクに車輪をつけて道路を走れるようにしたかのごときクアッドスキーなど、水陸両用車はかなり実用化されている様子。

 でも日本では入手したり走らせたりするのにけっこうハードルが高そうな感じがいたします。

 ところが、国内でも比較的入手しやすい水陸両用車もあるらしいのですよ。

 しかも、タイヤが6輪とか8輪、さらにはキャタピラ仕様のものまであるという、「水陸両用バギー」が。


NAVEまとめ 2017年04月10日
【死ぬまでに】一度は乗りたい、凄い水陸両用車
https://matome.naver.jp/odai/2138995898619149901


 カナダのODG社の「アーゴ」というヤツは以前から輸入されているんだそうで、しかも国内に代理店まであるらしいです。

 そしてアメリカ製の「MAX」なるものも手に入れやすいのだそうな。

 このアーゴとMAXの性能比較をした動画がYouTubeにございますのですよ。


水陸両用車 : ARGO and MAX Ⅱ Vol.2



 Vol.1とVol.3もありますが、このVol.2が一番いろいろなところを走っているっぽいので埋め込んでみました。

 オフロードや水上のみならず、砂利場やガレ場のようなところもガンガン入りこんで走りまくってます。

 途中でカメラを搭載した車がスタックしたりしてるのはご愛敬? (`▽´)



 川幅さえあれば、本当に沢登りすらできそうな…ま、沢ってのはあんまり川幅あるところないだろうから、ムリな注文カモしれませんが…(^_^;)



水陸…?(素材使用)


 タイヤがたくさんついているし舗装路とかでまともなスピード出るのかどうかがちょいと不明ですが、オフロード好きならこういう車をけっこう夢にみたりしたことあるんじゃないかってな感じのイカつさでありんす。

 あとアーゴの代理店のページとか見てみると、やっぱり災害時にも威力を発揮するらしく、実際土砂災害とか台風時に使用された実績があるっぽいですね。



 ま、価格とかどこにも見当たらないし、相当かかりそうな気はしますが…(^_^;)



 尻の皮厚くなきゃ相当痛そう本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク