スポンサーリンク

2017年4月23日日曜日

関門海峡のPRムービー「COME ON関門」があまりにも狂気で本気! 巨大怪獣に襲われた町の運命は…!?


 クオリティむっちゃ高いっスよ!
 青木無常でございまっスよ!

襲撃(素材使用)
※イメージ画像


 話題になってるんですかね、コレ。

 私はYouTubeで偶然発見しただけなんで、逆にググってみても特に著名なニュース元は出てこなかった感じなんですが…

 九州と本州を隔てる、あの有名な関門海峡をPRすべく「日本映像界のトップチーム」が作成したあまりにも高クオリティの、渾身の動画がYouTubeに公開されているのでございますよ!

 ウェブサイトの名は…

  どうした?関門海峡」!


 実際、どうした!? って感じの、迫力満点かつ無内容な内容の映像なんですが…(`▽´)

2017年4月22日土曜日

昭和88年と昭和92年。架空の「現在」を幻視した写真家の原動力は「生の実感」なき時代への違和感


 それは「昭和が終わらず続いていたら」という幻視。
 青木無常であります。

サムライ(素材使用)


 その写真家の名前は、薄井一議

 主に広告写真の分野で活躍なさっているかたなのだそうですが、その薄井一議さんが不思議な写真集を出していらっしゃるのだそうです。

 そのタイトルは、『Showa88/昭和88年』、

 そして、『Showa92/昭和92年』。

「あのころが懐かしい」的な、ノスタルジー趣味の写真集…などでは断じてありません。

 暴力の臭いをただよわせるスキンヘッドの男たちや、性的退廃を色濃くまとう女や男やカップルや蛇やしゃぶられる足指や刺青や遊郭や、不思議な原色感が濃厚な花の姿や。

2017年4月21日金曜日

夢中でカボチャを食べるヤマアラシの鳴き声がまるで甘える人間の子どもみたいにキュートな件


 なんか徹底的に甘えてる感ハンパない。
 青木無常でございますよう。

丸(素材)


 危険な針毛で全身おおわれていて、ヒョウも撃退できるヘビなんざ全身針まみれにしたりもできてしまう、いってしまえば

  寄らば斬る!

的な、接近即ケガ、下手したら死にも直結しかねない危険生物…それがヤマアラシ!

 …なのですが。

 どうも、そうまでして敵を威嚇し遠ざける生物でありながら、かのヤマアラシちゃん、実際はかなり甘えん坊な性格だったりするらしいのですよ? えええっ!?

2017年4月20日木曜日

まだ開発途中らしいけどNASAのトレーニングプログラムが完全にVRゲーム


 楽しいかどうかはわかんないけど…?
 青木無常でおじゃる。

ゴーグル(素材使用)


 宇宙ステーションでのミッション向けトレーニングとして、「MR(複合現実)」なる技術をNASAが採用することになったそうな。

 MRっつってもよくわからんけど、動画を見る限りはヴァーチャルリアリティ(VR)の発展型ってところ。

 VRのヘッドセットを装着するだけでなく、手袋のようなものも入力デバイスとして利用し、ヴァーチャル空間で手を使用していろいろなものを扱うことが「仮想的に」可能になる、という感じ。

 具体的に表示されるミッションの内容は、無重力下でふわふわ浮かぶ物体や道具を扱う方法を学んでいく、という感じ…かな…?

2017年4月19日水曜日

人工知能の「知覚」と「目標」


 人間と同じ、ではないでしょうけど。
 青木無常でございまする。

聖母(素材使用)


 人工知能が人間に敵対したらわしらは到底かなわないのではないか、という趣旨でこれまでいくつかの記事を書いてまいりましたが、

  そんな考えかたはズレている

という、なんとも爽快にそんな杞憂を一刀両断してくれる記事も実は発見しております。

 そもそも AI vs 人間 という対立軸そのものが成立しない、という論理展開(たぶん(^_^;))の識者のご見解といっていいのだろうと思いますが…

 …本当にそうなのか、という疑問はどうしてもぬぐえない…

 ともあれ、まずはその見解を表明している「ライフハッカー」のニュース記事からご紹介いたしましょう。ほれ。